リクリエーション
五感を刺激するヘルシーで多彩な食生活から、さらに、365日のさわやかバスタイムなど、1人1人が心豊かで潤いのある毎日をお過ごしいただけるように快適でクリーンな施設環境づくりやサービスの提供に取組んでいます。
■ 食事
食事は、栄養士のもと、栄養バランスを考えたメニューを提供しています。健康上の理由から必要であれば、治療食対応も可能です。米は、徳島県限定農家の有機栽培のものを主に使用、肉類は全て生産地の明らかな国産、その他の食材についても、あらかじめ原産地の明らかな、安心・安全な食材を使用しています。食材や作り手の想い(農家の仕事)を理解することで、食への関心を深めてもらえるよう、収穫体験を実施しています。献立は、『人気の定番メニュー』を基本とし、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく提供することを心がけています。そのスタイルにも工夫を凝らし、ビュッフェ形式や、グループで作る楽しみを味わったり、外で食べるランチボックス、冬場には一週間に一回以上の鍋料理、和・洋・中の幅広いメニューの中から、翌日に食べたいものを前日に選ぶ『オーダーメニュー』、二週間に一回朝食のパンバイキングなどを実施しています。また、土・日の朝食は自分の部屋で食べることもできるなど、食を通して自己決定を支援し、人とのつながりの大切さや生きがいの実感を後押しします。
■ 入浴
原則として毎日入浴していただけます。
■ 健康管理
嘱託医師による往診が月2回実施され、利用者の方々の疾病治療や健康相談を実施します。
また、定期的に健康診断を行う(施設入所支援のみ)とともに、看護師による健康管理に常時、努めています。
■ 寝具(施設入所支援)
備え付けのベッドを利用していただきます。布団は用意しますが、好みに応じて使用することが可能です。シーツの交換は週一回行います。シーツのリネンは外部に委託しています。
■ 自治会活動(施設入所支援)
「自分たちのことは自分たちでする」を基本に、誕生日会の開催や各種行事を、自治会が主催できるようにサポート。グループ活動により役割分担や協力の必要性を学び、社会の中で生活する自信をつけることをめざします。
■ 作業療法&理学療法
施設内でOT、PTによる生き生き出来るプログラム・機能訓練を実施しています。ストレス解消や高齢化対策として有効です。
■ 化粧
化粧を積極的に取り入れることにより、心にときめきを
感じてもらうとともにストレスの発散をうながします。
また、他者に見られるという感覚をもってもらい、美やおしゃれに対する関心を高め、
社会人としての意識づけや社交性を啓発します。
■ 防災
定期的に防災訓練(避難訓練・消火訓練・夜間訓練など)を実施。繰り返すことで、体で理解できるようにします。また、自己防衛のため利用者の方々でつくる避難誘導隊への訓練も行っています。
社会福祉法人青谷学園 障害者支援施設DO
〒610−0113 京都府城陽市中芦原20番地
TEL 0774-55-8800 FAX 0774-55-8803
お問合せ