あとりえ@アートジャンクション情報
障害者アートが多方面で注目を集めていますが、『DO』では知的障害のある人たちの創作活動を早くからサポート。「あとりえ@」という絵や工作の時間を設け、作品づくりを通じて、生きる喜びや自己表現の楽しさを啓発しています。そんなアート活動の原動力となっているのが2003年スタートしたプロジェクト「アートジャンクション」。作品展示やさまざまなアーティストたちとのコラボレーションを通じて、地域や一般との理解を深め、自立や交流をあと押し。今では『DO』を代表するイベントへと成長しています。

DOアートジャンクション2014
同時代ギャラリー
5/20(火)〜25(日)
障害者アートだから言ってアタマで観るのはNG。ハートで感じてキラクに楽しんでほしいとの願いを込めて開催した今年のアートジャンクション。テーマは「MA,IKKA!!」。話題のダイオウイカがアートになった全体作品をはじめ、知的障害のあるアーティストたちがより自由でのびやかなアートパフォーマンスを繰り広げました。
福祉の世界にとらわれないDOならではの取組みとして各メディアでも取り上げられ、会期中は約800名の方々が来場。「楽しかった!」「素晴らしかった!」「元気をもらった!」といった嬉しい声やメッセージがたくさん寄せられるなど、今後のアートワークへのモチベーションがますます高くなりました。
クラシックなギャラリーがポップでカラフルな空間に大変身。 個性いろいろ。もう1つの全体作品「ごきげんイカが!?」
本物さながらの4m近い全体作品「みんなのダイオウイカ」。利用者&職員による約100点のアート作品で仕上げました。
LEDライトが点滅して深海ムードを演出。
10本の足が宙を舞う迫力満点の後ろ姿。
コラボレーションアーティストJUNICHIも巨大イカ作品作りに参加。 会場に吹いたNYの新風。JUNICHI大型作品「metro girl」
取材中のNHK京都放送局。イベントの模様は「ニュース610京いちにち」内で紹介されました。 ラジオ番組「森谷威夫のお世話になります!!」内で
会場の模様を生レポートするKBS京都レポーター。







社会福祉法人青谷学園 障害者支援施設DO
〒610−0113 京都府城陽市中芦原20番地
TEL 0774-55-8800 FAX 0774-55-8803
お問合せ